嶋崎工務店ブログ

寒さと熱エネルギーを有効に長崎で暮らす

寒いということ

 

普通に考えれば外気温がとか
室内温度が、、、ということになります。

 

寒いということは、一見熱を奪われているように思いますが
実際は熱の受け渡し、やり取りをしているだけ

 

冷たいこともエネルギーを放出していて
暑いのもエネルギーを放出している

 

そうやってお互いのエネルギーの状態の平均まで
行こうとするだけ

 

冬の長崎は、意外と寒いですよね。

普通に雪も降ります。

朝はこの一月二月の大寒立春時期は
氷点下になることもありますよね。

 

家の中の熱は、外の氷点下の熱と
エネルギーのやり取りをしているだけ

別にエネルギーを奪っているのではなく
温かいあなたの体温からエネルギーを渡している状態。

 

全てはエネルギー

あなたの熱も
建物の持つ熱も
そとの冷気も熱エネルギー

 

今までの日本の家はザルのような家
だから温めても温めてもスイッチを切ると
冷めるのも早かった、、、

 

地球温暖化によって異常気象も
私たちの暮らしにスーパー台風や猛暑
大雨などの影響を与えるようになってきました

 

自動車などのCO2規制は進みましたが
一般住宅はほとんど進んでいません

 

原発を使わない代わりに
火力発電所で石炭を燃やす日本の生活も
世界中で避難されています

 

どうしようもない?
諦めるよりも私たち一人ひとりの暮らしから
変えていく時期にきました

 

新築はもちろん、
伝統的な家屋でも、できるだけ
断熱・遮熱・蓄熱をして
エネルギーを有効に使いたいですね

 

リノベするならエネルギーの使い方も考えながら
それが私たちシムコ(有)嶋崎工務店の目指す暮らしでもあります